読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しいピアノを

今、自分がどんな状況を求めているのか、理解っている。

なぜいつまでも渇きが癒えないのか、理解っている。

 

重要なことと重要でないこと。

もう目移りしている自分はいない。

すでに、それは飲み込んで歩いている。

 

ただ、やっぱり確証は欲しいみたいだ。

確信が欲しいみたいだ。

 

「できなかったこと」を思う。

振り返ってみると、存外に的外れなことはしていない。

今ならもっと上手くやれるはずだ。

当然、「できなかった」自分がいることは認めよう。

 

恐らく。

間近、何れかの”その時”が来れば、年内の方向性は決まる。

僕だってただ悪戯に待っているだけじゃない。

 

以前は、あまりこういうことは無いと思いこんでいたが。

僕が「Yes」と明確に口に出せば「No」だったモノが「No」以外のモノに変わっていくことというのは、意外と、ハッキリと、理解りやすく、存在するのかもしれない。

ということを、最近の僕は理解っているのかもしれない。

 

長い間白い靄がかかっていたモノの輪郭が、月の満ち欠けのように本当にゆっくりと、ぼんやりと、視えてきているようだ。

 

さぁ、どれが先かな。

去年ほど遠くには感じないよ。

点と点が確かに繋がる瞬間を、今は秋夜風に吹かれながら。